老人ホームなどで働く介護士と看護師の違い

老人ホームなどで働く介護士と看護師の違い

老人ホームを訪れる

老人ホームを訪れると、さまざま入居者がおられますね。まだまだお若く見え「何でこんなにお若いのに?」という方、歩行や食事が一人では上手くできず介助が必要な方、体はお元気そうだけれど少しお話がちぐはぐになってしまわれている方など、程度も含めてその方によってご事情は違うようです。そんな方々のお世話をしてくださるのが介護士や看護師さんです。朝から晩まで深夜まで甲斐甲斐しくお世話されている姿に頼もしさと尊敬の念を抱かずにはいられません。そんな介護士と看護師さんにはお仕事の違いはあるのでしょうか。介護士資格は民間のものも含めると沢山の種類があります。有名なものはから名称は変わった介護職員初任者研修課程、介護職員基礎研修だった介護福祉士実務研修課程それと介護福祉士で、介護福祉士だけが国家試験になっています。ほかに良く耳にする資格にケアマネージャーやガイドヘルパー、介護事務などがありますね。体力的にも精神的にもキツイ看護師のお仕事ですが、看護師 夜勤アルバイトとして看護師の仕事がしたい!という女性が増えているのです。

介護福祉士は合格率が50%

さらに科目別の看護師求人情報を網羅しているので、ICU 看護師 求人のような希少な求人でもきっと見つかります。 初任者研修は筆記試験のみで取得できます。介護福祉士は合格率が50%ほどで、他の国家資格の中ではやさしめのようです。介護福祉士がさらなるステップアップのために受けることの多い介護福祉士は、介護支援専門員です。一般的にはケアマネージャーで知られていますね。介護を必要とする人の為に介護ケアプランを立てるのが仕事になります。またサービスの実行や効果の確認のチェックも行います。ホームヘルパーが高齢者のお宅に訪問して、サービスとして行う介護サービスにプラスして調理や洗濯掃除、買い物などの生活支援と本人や家族の精神ケアを行うのと違って、施設や病院において日常生活の自立をお手伝いするのと行事やレクリエーションを行うことが主な目的となります。一方看護師は医療行為を行うことが一番の目的です。入居者の健康管理や注射や投薬、医師の介助に看護プランの作成などが看護師にしかできないお仕事内容です。それ以外は介護士と同じといってよいでしょう。 医療健康情報認証機構認定
ホーム RSS購読 サイトマップ